ホーム > コンプライアンス

h1_05.jpg

コンプライアンス


人づくりとセキュアな調査システムで、万全の情報の管理

個人の信用情報を扱うことを業務としている以上、個人情報ならびに機密情報の取り扱いにはついては万全でなければなりません。

私たちは、サービサー業界のパイオニアであるニッテレ債権回収株式会社を中核とするNTSホールディングスグループから生まれた調査会社として、人づくりと調査システムづくりの両面から厳格な情報管理を行っています。

人づくりでは、3つの「徹底」を追求しています。


●コンプライアンスの徹底:

調査業務は社会の信用と信頼の上に成り立つ業務です。法令・社内規程の遵守、社会規範を尊重した行動が不可欠とであると考え、コンプライアンスの徹底を行動規範として業務にあたっています。


●個人情報保護の徹底:

個人情報ならびに機密情報の取り扱いについては、とくに慎重を期し、明確な社内基準と責任体制を確立しています。


●探偵業法の遵守の徹底:

当社は東京都公安委員会に探偵業の届け出を行っています。探偵業法に基づく、帳簿の取り扱いや従業員教育など、遵守事項の徹底を図っています。





オンプレミス型のセキュアな訪問調査システム

個人情報ならびに機密情報の漏れを物理的に防ぐためにオンプレミス型のセキュアな調査システムを構築しています。


●二重三重のセキュアなシステム構成

・自社サーバ構築(オンプレミス型)※1

統合管理システム「MDM」(※2)採用、専用タブレット端末

ユニバーサルコネクト(※3)の専用回線(SIM)

・VPN経由で転送(※4)

タブレット端末からの送信後はタブレットからデータ消去

紛失時でもMDMソフトで遠隔消去が可能


●システム構成図


システム構成図


※1 オンプレミス:情報システムを、外部にアウトソースするのではなく、使用者である企業自身が社内に導入、設置して運用すること。企業内に専用データサーバを置くので情報漏えい対策としてはオンプレミス型が安全です。

※2 MDM (Mobile Device Management):タブレット端末やスマートフォンなどのスマートデバイスなどを、企業のセキュリティポリシーに則り、一元管理するシステム。紛失時に端末をロックしたり、使用するソフトウェアの種類やバージョンを揃えたり、利用できる機能に制限を加えたり、勝手に私用のソフトやデータを導入できないようにすることができます。

※3 ユニバーサルコネクト:ネットワークにアクセスするIDと利用者と利用権限の見える化をするサービスです。管理者がIDの追加・削除・権限変更などの操作も行え、システムの利用部門からの緊急の要求にも即座に対応可能です。

※4 VPN(Virtual Private Network):インターネットに接続されている利用者の間に、仮想的な通信トンネルを構成したプライベートなネットワークのことです。通信経路を認証や暗号化を用いて保護することにより、第三者が侵入することができない、安全なネットワークを構築しています。